ニューロンの移動速度を調節する仕組み

脳内で幹細胞から作られる新生ニューロンが、速度調節をしながら移動する仕組みに関する論文がNature Communicationsに掲載されました。

今回の研究により、ニューロンの中でGmipという蛋白質が作用することで、ブレーキが働いて移動速度を調節し、脳内の適切な場所に停止させる仕組みの一端が解明されました。

名古屋市立大学によるプレスリリース

Ota H#, Hikita T#, Sawada M#, Nishioka T, Matsumoto M, Komura M, Ohno A, Kamiya Y, Miyamoto T, Asai N, Enomoto A, Takahashi M, Kaibuchi K, Sobue K, Sawamoto K (2014) Speed control for neuronal migration in the postnatal brain by Gmip-mediated local inactivation of RhoA. Nat Commun 5: 4532. DOI: 10.1038/ncomms5532 Pubmed [#co-first authors]

カテゴリーNews