平成21年度 修士・博士課程大学院生募集中(実験スタッフは募集終了しました)

平成21年度 再生医学分野 大学院修士・博士課程 大学院生募集

神経発生再生のメカニズムに関する分子細胞生物学的研究と、これらを脳疾患の再生医療に発展させるためのトランスレーショナルリサーチを行っています。
教室は、医学・理学・理工学・薬学・農学部出身者を含む多様なメンバー構成になっています。
研究内容に興味のある方・出願を希望される方はお気軽にご連絡ください。
(澤本和延 sawamoto@med.nagoya-cu.ac.jp)

研究内容
・げっ歯類・霊長類の成体脳の脳室下帯におけるニューロン新生・移動メカニズムの解明
・脳室上衣細胞の成熟と繊毛運動による液流発生
・ゼブラフィッシュの遺伝学的手法を用いたニューロン新生メカニズムの解明
・虚血性疾患モデルにおける神経再生メカニズムの解明と治療法の開発

参考文献
「成体脳室下帯で誕生し移動するニューロン」 蛋白質 核酸 酵素 vol.53, pp.863-869 (2008)
「成体脳のニューロン新生とその異常」 BRAIN & NERVE vol.60, pp.319-328 (2008)

“平成21年度 修士・博士課程大学院生募集中(実験スタッフは募集終了しました)” の続きを読む

小島拓郎院生が受賞

2007年11月30日に福岡市で開催された第15回日本血管医学生物学会学術大会において、大学院生の小島拓郎君が以下の内容で発表を行い、学会ポスター賞を受賞しました。

「神経再生過程の新生ニューロンの移動における血管の役割」
小島拓郎・廣田ゆき・山下徹・二宮充喜子・岡野栄之・澤本和延

kojima award s

名古屋市立大学へ移転します

私たちのグループは、5月1日より名古屋市立大学へ移転します。このサイトでは、新たに開設される「再生医学分野」のホームページとして、引き続き我々の活動の内容などを公開する予定です。しばらくお待ち下さい。

公開研究報告会が開催されます

2007年2月24日午後1時より、本講座の公開研究報告会が慶應義塾大学信濃町キャンパスで行われる予定です。「第6回成体脳のニューロン新生懇談会」と合わせて開催されます。

1.スライド発表講演(1人15分)に加えて、ポスター発表のスペースを準備致します。
2.終了後、信濃町のお店で交流会を行います。

成体脳ニューロン新生懇談会会員以外の方にも自由にご参加いただけますが、会場等の都合上、参加を希望される方は、以下のアンケートにご回答頂き、メールにて澤本に(sawamoto@sc.itc.keio.ac.jp)ご連絡下さい。
++++++++++
お名前:

御所属:

懇談会に: ご出席 ご欠席

交流会に: ご出席 ご欠席

発表を: する しない
++++++++++
発表される場合には、下記の内容を記載したファイルを添付書類としてお送り下さい。
1)発表のタイトル
2)発表者氏名
3)発表者所属
4)要旨(500字程度)
5)発表形式希望(スライド または ポスター)

締切は2007年1月末日とさせていただきます。尚、スライド希望の方が多数いらっしゃる場合には、ポスターに変更をお願いする場合がございますので、予めご了承下さい。