2018年度生理学研究所研究会 「神経発達・再生研究会」のご案内

生理学研究所では、新分野の創成を目指す研究討論会として、様々なテーマの「生理研研究会」を、原則として自然科学研究機構岡崎地区において開催しております。この度、2018年度の生理研研究会の1つを、「神経発達・再生研究会」と題しまして、名古屋市立大学において開催することになりましたので御案内いたします。

脳・脊髄や末梢神経系の発達・再生のメカニズムに関する最新の研究成果をご発表いただき、議論したいと思います。皆様のご参加をお待ちしております。

日 時:2018年10月17日(水) 13時開始 18日(木) 16時終了(予定)

会 場:名古屋市立大学病院 大ホール

参加費:無料

懇親会:一般 5000円、 学生/大学院生 3000円

研究会の詳細は、以下の研究会ホームページをご覧ください。

http://www.nips.ac.jp/dcs/nervews/

参加申込:9月28日(金)までに以下のサイトからお願い致します。http://www.nips.ac.jp/dcs/nervews/index.html

代表者:澤本和延(名古屋市立大学・生理学研究所)

世話人:古瀬幹夫(生理学研究所)

事務局:名古屋市立大学大学院医学研究科再生医学分野 金子奈穂子

E-mail: naokokaneko0504@gmail.com

ご不明な点がございましたら、お気軽に事務局までお問い合わせください。

【プログラム(予定)】

10/17 (1日目) 13:00-18:00

大塚俊之 京都大学ウイルス・再生医科学研究所

「神経幹細胞制御による脳形態形成の改変」

河崎洋志 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科

「フェレットを用いた大脳皮質形成機構の解析」

太田訓正 熊本大学大学院生命科学研究部

「Tsukushiを介した神経幹細胞ニッチ制御と水頭症の連関」

中島欽一 九州大学医学研究院

「転写因子ND1によるミクログリアからニューロンへの直接分化転換機能」

榎本秀樹 神戸大学大学院医学研究科

「シュワン細胞に内包された神経分化能とその可塑性」

岡野栄之 慶應義塾大学医学部

「幹細胞システムを用いた神経系の再生医療と病態解析研究」

廣田ゆき 慶應義塾大学医学部

「大脳皮質発生におけるリーリンシグナルの機能」

澤本和延 名古屋市立大学大学院医学研究科

「脳の発達・再生における新生ニューロンの移動」

岡田誠治 九州大学医学研究院

「グリア瘢痕制御による中枢神経の再生」

10/18 (2日目) 9:00-16:00

五十嵐道弘 新潟大学大学院医歯学総合研究科

「哺乳動物成長円錐の分子基盤をどう理解するか?」

藤島和人 京都大学高等研究院iCeMS

「小脳回路における軸索束依存的な樹状突起形成メカニズム」

生沼泉 兵庫県立大学理学部

「神経発達を担うアクチン足場蛋白質の選択的スプライシングの時空間制御」

竹居光太郎 横浜市立大学大学院生命医科学研究科

「神経回路形成因子LOTUSによる脳内環境制御:神経再生医療技術への展開」

山下俊英 大阪大学大学院医学系研究科

「中枢神経障害と神経—生体システム連関」

高橋淳 京都大学iPS細胞研究所

「iPS細胞を用いたパーキンソン病治療」

東海地区の研究者によるショートトーク 

石田章真 名古屋市立大学

荻野ひまり 名古屋市立大学

桐生寿美子 名古屋大学

笹倉寛之 愛知医科大学

足澤悦子 生理学研究所・大阪大学

鳴島円 生理学研究所

丹羽智史 愛知医科大学

浜田奈々子 愛知県コロニー発達障害研究所

第26回 海馬と高次脳機能学会を開催しました

日時:2017年9月30日(土)13:00〜20:30

2017年10月1日(日)9:00〜13:00

会場:名古屋市立大学大学院医学研究科(桜山キャンパス)研究棟11階 講義室A

 

プログラム概要

◯ 2017年9月30日(土)

一般演題:8演題(予定)

特別講演:中島 欽一(九州大学大学院医学研究院応用幹細胞医科学部門)

教育講演:道川 誠(名古屋市立大学医学研究科病態生化学分野)

◯ 2017年10月1日(日)

一般演題:4演題(予定)

特別講演:池谷 裕二(東京大学大学院薬学系研究科薬品作用学)

教育講演:山嶋 哲盛(金沢大学医学系研究科/有松医科歯科クリニック)

 

世話人:名古屋市立大学大学院医学研究科再生医学分野 澤本和延

幹事:山嶋 哲盛(金沢大学/有松医科歯科クリニック)

原 英彰 (岐阜薬科大学薬効解析学研究室)

田村 了以(富山大学大学院医学薬学研究部(医学)統合神経科学)

櫻井 芳雄(同志社大学脳科学研究科)

 

事務局:名古屋市立大学大学院医学研究科再生医学分野

金子奈穂子・澤田雅人

 

第11回成体脳のニューロン新生懇談会  The 11th Adult Neurogenesis Conference

第11回成体脳のニューロン新生懇談会を名古屋市立大学で開催しました。ご協力ありがとうございました。

The 11th Adult Neurogenesis Conference was held in Nagoya City University on November 14, 2015.

IMG_1863

82名の方々にご参加いただきました。成体ニューロン新生と関連分野に関する特別招待講演1演題、口頭発表6演題、ポスター発表36演題と活発な討論が行われ、楽しい会になりました。当日のプログラムはこちらからダウンロードできます。

成体脳のニューロン新生懇談会ホームページはこちらです。来年は滋賀医大で開催される予定です。

参加には入会が必要です(会費無料)。ご希望の方は澤本までご連絡下さい。

第11回成体脳のニューロン新生懇談会 演題・参加登録受付中

第11回成体脳のニューロン新生懇談会

発生期を終えた脳でも、海馬や側脳室周囲にある脳室下帯では、ニューロンが産生され続けています。近年の研究により、これらの領域で新生したニューロンは、神経の可塑性や再生に関与する、非常に興味深い役割を果たしていることが分かってきました。この会は、未発表なデータも含めた活発なディスカッションができるクローズドな懇談会として、10年以上前から毎年開催されてきました。

本年は、名古屋市立大学で懇談会を開催することになりました。「成体脳のニューロン新生」に加え、再生・発生・グリア新生などの関連分野を研究している方々にもご参加・ご発表頂き、交流を深める会になることを願っております。是非ご参加ください。

開催日:2015年11月14日(土)13:00〜

(受付:12:30〜)

会場:名古屋市立大学大学院医学研究科研究棟11階 講義室A

特別講演:向山 洋介 (Laboratory of Stem Cell and Neuro-Vascular Biology, National Heart, Lung, and Blood Institute, National Institutes of Health)

「神経幹細胞と成体ニューロン新生を支持する血管ニッチ」

演題募集:2015年7月1日〜2015年8月31日

参加登録:2015年11月10日まで

発表を希望される方は、参加・演題申込用紙に必要事項を記入し、事務局(naokoka@med.nagoya-cu.ac.jp)までお送りください。

会の詳細なご案内はこちらからダウンロードできます。

参加・演題申込用紙はこちらからダウンロードできます。

*クローズドな会ですので、ご参加には「成体脳のニューロン新生懇談会」への入会(入会金・年会費無料)が必要です。入会手続きは簡単ですので、お気軽に事務局にお問い合わせください。

参加費:1000円

意見交換会(18:30〜):サクラサイドテラス(キャンパス内)

(学部生:1000円, 大学院生:2000円, それ以外:4000円)

 

担当幹事:名古屋市立大学大学院医学研究科再生医学分野 澤本和延

事務局:名古屋市立大学大学院医学研究科再生医学分野 金子奈穂子・澤田雅人

連絡先naokoka@med.nagoya-cu.ac.jp

神経再生イメージング技術開発研究会

今年度より、愛知県・公益財団法人科学技術交流財団のご支援により、神経再生イメージング技術開発研究会 が発足しました。

再生医学をはじめ、医学・生物学研究において、細胞・組織をできる限り生体内に近い状態で培養しながら長期間観察する実験の重要性が高まっています。本研究会では、独自の高度な技術を有する近隣の企業等の方々にご参加いただき、再生器官の長期ライブイメージングを可能にする灌流システムの構築を目指した調査・検討を行うとともに、再生医学だけでなく、発生生物学や神経科学など様々な医学・生物学の分野における本システムの展開可能性の検討を行う予定です。

成体脳内の神経回路の左右差を作り出す仕組み に関する研究発表について

名古屋市立大学によるプレスリリース

本学医学研究科再生医学分野の澤本和延教授と岸本憲人特任助教らの研究グル

ープは、魚を用いた研究によって、成体脳内の神経回路の左右差を作り出す

仕組みを解明しました。この成果は、米国の科学雑誌ネイチャー・ニューロサ

イエンスに掲載されます(米国東部時間5 月19 日午後2 時)。

私たちの脳は左脳と右脳に分かれていて、それぞれの構造や役割に違いがあ

ることが知られています。これらの脳の左右差は、子供から大人に成長するに

つれてよりはっきりとしてくることがわかっています。しかし、成長とともに

右脳と左脳の違いを作り出す遺伝子についてはあまり良くわかっていません。

今回の研究では、ゼブラフィッシュという小型淡水魚を用いた実験によって、

成体期の脳内に存在する神経幹細胞から新しく生まれる細胞の運命を決める

Myt1 という遺伝子が右脳よりも左脳で強く働くことにより、嗅覚の左右差を作

り出している仕組みを初めて明らかにしました。

この仕組は、ヒトの脳の左右差の解明に役立つ可能性があります。

本研究は、本学の他、国立遺伝学研究所、トゥールーズ大学(仏国)が参加

した国際共同研究です。

<内容の詳細>

研究背景

私たちの体は一見左右対称ですが、利き手、利き足、利き目、利き耳があることから もわかるように、左右一対の身体(器官)のうちどちらか片側を好んで使用しています。 これは、成長とともに右脳と左脳に違いが生じ、特定の機能においては片側の脳の神経 回路が優位に働くようになるためと考えられます。これまでの研究によって、左脳・右 脳が機能分業することによって効率的な情報処理を行うことがわかってきましたが、左 右差を生み出す遺伝子や、その意義については十分に研究されていませんでした。そこ で、私たちは、遺伝子工学的な実験に適した小型淡水魚であるゼブラフィッシュ(学名: Danio rerio)を用いて、成体期において脳神経回路の左右差を作り出しているメカニズ ムを調べました。 研究成果 私たちは、ゼブラフィッシュの脳内で働いている多数の遺伝子を「遺伝子トラップ法」 という方法を使って、緑色蛍光タンパク質(GFP)で標識して観察しました。その結果、 幹細胞から作られる新しい神経細胞の運命を決定するMyt1 という遺伝子の働きが、成 長にともなって変化し、左脳の中の嗅覚に関係する部分で優位になるということを発見 しました。この遺伝子を持たない魚では、普通の魚よりも嗅覚が劣っているこ とから、Myt1 が嗅覚に必須な遺伝子であることもわかりました。 魚に利き鼻があるのかどうかを調べるために、成魚の片側の鼻に栓をして、好きな匂 い(アミノ酸)へ向かって泳ぐ行動(誘引行動)を調べました。右鼻に栓をしても誘引 行動には影響がありませんが、左鼻に栓を挿入するとアミノ酸への誘引行動ができなく なったことから、左鼻が利き鼻であることがわかりました。さらに、左鼻に栓 をしてから1週間経過すると、Myt1 が右側で強く働くようになり、アミノ酸への誘引 行動ができようになりました。このことから、魚は、利き鼻の機能を失った場 合に、脳内の遺伝子の働きを変化させて反対側の鼻を利き鼻に替えることができるとい うことがわかりました。 これらの実験によって、Myt1 が左脳で強く働くことによって、新しい神経細胞の産 生が左右非対称となり、魚の利き鼻が作られていることがわかりました。 成果の意義 この研究は、成体期につくられる嗅覚に関わる神経細胞の右脳と左脳における違いを 作り出す遺伝子を明らかにし、その嗅覚における意義を示したものです。脳細胞は生ま れた時にほぼ完成していて、年齢とともに適応能力が低下していくと考えられています が、この研究の結果から、成体になっても嗅覚に関わる部位に新しい脳細胞が付け加わ ることによって、右脳と左脳が持つ役割が変化することがわかりました。また、ヒトと ゼブラフィッシュではゲノムや脳の構造が似ていることから、ヒトの脳内における神経 回路の左右非対称性にも同様のメカニズムが関わっている可能性もあります。したがっ て、本研究の成果は、ヒトの脳の構造と機能の左右差の解明にも役立つことが期待され ます。

kishimoto press release fig1

今後の展開

本研究で用いた遺伝子トラップ法を大規模に行うことで、脳内の様々な神経回路で左 右非対称な働きをしている遺伝子の探索が可能になります。これによって、例えば、左 脳に言語野を作り出すメカニズムなど、未だ不明な点の多い脳の左右差形成の仕組みの 解明に役立つことが期待できます。

<掲載される論文の詳細>

掲載誌:Nature Neuroscience 電子版

題目:Interhemispheric asymmetry of olfactory input-dependent neuronal specification in the adult brain

著者:岸本憲人(名古屋市立大学)、浅川和秀(国立遺伝学研究所)、Romain Madelaine (トゥールーズ大学)、Patrick Blader (トゥールーズ大学)、川上浩一(国立遺伝学研究 所)、澤本和延(名古屋市立大学)

以 上

新生児脳の白質傷害に対する再生医療に関する研究成果の発表について

名古屋市立大学によるプレスリリース

本学医学研究科の澤本和延教授(再生医学)と加古英介助教(麻酔・危機管理医学)らの研究グループは、新生児脳の白質傷害モデルマウスを使った実験により、オリゴデンドロサイトという脳の細胞の再生を促進することに成功しました。この成果は、米国の科学雑誌ステムセルズに掲載されます(米国東部時間8月13日)。

新生児期の脳では、血流や酸素供給が不足すると、神経の繊維が集まっている白質と呼ばれる部分が傷害を受けて、小児麻痺や痙攣などを引き起こすことが知られています。現在、この病気が起こったあとに有効な治療法は知られていません。今回の研究では、特殊なマウスを用いて、白質が傷害を受けた時のオリゴデンドロサイトという細胞の再生のしくみを明らかにしました。さらに、アシアロエリスロポエチンというたんぱく質を投与することで、脳内に存在する幹細胞からつくられる新しいオリゴデンドロサイトの成熟・再生を促進し、歩行機能を改善させることに成功しました。

この方法は、脳室周囲白質軟化症などの新生児白質傷害に対する再生医療に役立つ可能性があります。

本研究は、本学と生理学研究所(愛知県岡崎市)の共同研究として行われました。

<内容の詳細>

背景

 近年の研究により、脳内の「脳室」と呼ばれる部分の近くに幹細胞が存在し、脳の細胞を再生していることが明らかになってきました。また、こうした幹細胞の再生能力は、大人よりも子どもの方が高いことが知られています。しかし、新生児に一旦、白質傷害とよばれる脳傷害が起こってしまうとその後の再生が十分に起こらず、麻痺・痙攣等の症状が一生残ってしまうことが多く、その理由は不明でした。

 このような疾患において、白質を通る神経の繊維を取り囲み神経の情報伝達において重要な役割を果たしている「オリゴデンドロサイト」という細胞が傷害を受けやすいことが知られていました。従って、オリゴデンドロサイトを再生させることができれば、白質傷害の治療に役立つと考えられます。本研究では、脳室の近くに存在する未熟なオリゴデンドロサイトから白質組織が再生されるしくみを詳しく調べ、マウスに薬剤を投与して再生を促進することができるかを調べました。

?研究手法

生後5日のマウスに対して、脳を流れる血液を減少させる手術を行い、酸素が薄い環境で飼育することによって、新生児白質傷害の動物モデルを作製しました。オリゴデンドロサイトだけが光る遺伝子改変マウスを用いて、傷害後に未熟なオリゴデンドロサイトがどのように白質を形成するかを調べました。その結果、脳室の周りや傷害された白質において、多くの未熟なオリゴデンドロサイトが増殖しているのにも関わらず、時間がたってもその大部分が正常な細胞に成熟できないことを発見しました。従って、これらの未熟なオリゴデンドロサイトを成熟させることができれば、白質の再生を促進することができると考えられます。

そこで、未熟なオリゴデンドロサイトの成熟を促進するために、細胞成熟効果を持つアシアロエリスロポエチンというタンパク質をマウスに投与しました。傷害が起こり始めた後にアシアロエリスロポエチンを投与し、脳の細胞を顕微鏡で解析したところ、治療を開始したマウスでは徐々に細胞の成熟が促進されて、2週間後には正常な部分と同程度まで改善することがわかりました()。さらに成体マウスとなった時点で脳の構造や機能を解析したところ、アシアロエリスロポエチンで治療したマウスでは白質組織の再生が促進されており、歩行機能も正常近くまで改善していました。

結論

新生児における白質傷害の後の脳において、脳室の周囲で生まれたオリゴデンドロサイトが未熟なままとどまっていることを明らかにしました。さらに、アシアロエリスロポエチンを投与することによって、これらの細胞を成熟させて、白質の再生を促進することに成功しました。

医療への応用の可能性

 今回使用したアシアロエリスロポエチンは、貧血などの患者によく使われるエリスロポエチンの構造を変化させた薬剤であり、人体に対する安全性が高いと考えられています。また、今回の実験結果は、脳にダメージが起こって数日後に投与を開始しても脳組織を再生できるという可能性を示しており、現在治療法がない脳疾患の再生医療に役立つ可能性があります。

?<掲載される論文の詳細>

掲載誌:Stem Cells(8月13日電子版)

題名:Subventricular zone-derived oligodendrogenesis in injured neonatal white-matter in mice enhanced by a nonerythropoietic EPO derivative.

著者:加古英介(名古屋市立大)、金子奈穂子(名古屋市立大)、青山峰芳(名古屋市立大学)、飛田秀樹(名古屋市立大)、竹林浩秀(生理学研究所)、池中一裕(生理学研究所)、浅井清文(名古屋市立大学)、戸苅創(名古屋市立大)、祖父江和哉(名古屋市立大学)、澤本和延(名古屋市立大)

?

公開研究報告会が開催されます

2007年2月24日午後1時より、本講座の公開研究報告会が慶應義塾大学信濃町キャンパスで行われる予定です。「第6回成体脳のニューロン新生懇談会」と合わせて開催されます。

1.スライド発表講演(1人15分)に加えて、ポスター発表のスペースを準備致します。
2.終了後、信濃町のお店で交流会を行います。

成体脳ニューロン新生懇談会会員以外の方にも自由にご参加いただけますが、会場等の都合上、参加を希望される方は、以下のアンケートにご回答頂き、メールにて澤本に(sawamoto@sc.itc.keio.ac.jp)ご連絡下さい。
++++++++++
お名前:

御所属:

懇談会に: ご出席 ご欠席

交流会に: ご出席 ご欠席

発表を: する しない
++++++++++
発表される場合には、下記の内容を記載したファイルを添付書類としてお送り下さい。
1)発表のタイトル
2)発表者氏名
3)発表者所属
4)要旨(500字程度)
5)発表形式希望(スライド または ポスター)

締切は2007年1月末日とさせていただきます。尚、スライド希望の方が多数いらっしゃる場合には、ポスターに変更をお願いする場合がございますので、予めご了承下さい。