研究員募集終了

研究員募集は終了しました。

尚、平成22年度より本学大学院医学研究科(博士課程・修士課程)に入学し当研究室に参加することを検討されている方は、事前に澤本 (sawamoto@med.nagoya-cu.ac.jp) までご連絡下さい。

入試についてお知りになりたい方は、本学医学研究科ホームページをご覧下さい。

研究員募集【終了しました】

以下の募集は終了しました。

?

===========

当研究室では、現在以下の人材を募集しています

1)ポスドク1名

成体脳内の海馬・脳室下帯に存在する神経幹細胞・前駆細胞の機能変化と抑うつ症状の関連についての研究に取り組むポスドクを1名募集します。実験内容としては、マウス脳の組織学的解析・初代培養細胞を用いた培養実験が主体となります。

資格:博士の学位を有するもの
着任時期:2009年6月〜(多少の変更は可能です。)
任期:2011年3月まで。成果により数年延長の可能性あり。

応募方法:履歴書(写真付き)・業績リスト(様式自由)・照会者連絡先(1名以上)をメールで下記問い合わせ先にお送りください。

締切:4月28日
締切後直ちに最終候補者に面接を受けて頂き、2週間以内に決定する予定です。

問い合わせ先:名古屋市立大学大学院医学研究科再生医学分野
金子奈穂子(naokoka@med.nagoya-cu.ac.jp)

Cover illustration

nsrcover

表紙のイラスト:マウス成体脳室下帯におけるニューロンの産生

脳室下帯の神経幹細胞(青)が産生するニューロン(赤)は嗅球へ移動して成熟する。
Kaneko, N and Sawamoto, K. (2009)
Adult neurogenesis and its alteration under pathological conditions
Neurosci. Res. 63: 155-164. (REVIEW ARTICLE)

【博士課程・修士課程の大学院生として研究に参加できます。】
学位論文のテーマとしては、例えば以下のような課題があります。
・げっ歯類・霊長類の成体脳室下帯におけるニューロン新生・移動メカニズムの解析
・感覚入力による成体嗅球ニューロン産生の制御機構の解析
・脳室上衣細胞の成熟と繊毛運動による液流発生のメカニズムと意義の解明
・ゼブラフィッシュの遺伝学的手法を用いたニューロン新生メカニズムの解明
・虚血性疾患モデルにおける神経再生メカニズムの解明と治療法の開発

問いあわせ:sawamoto@med.nagoya-cu.ac.jpまで。研究室見学も可能です。

ポスドク募集【終了しました。】

【以下のポスドク募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。】
ニューロンおよびグリア細胞の産生・移動・再生のメカニズムの研究に取り組むポスドクを1名募集します。ご興味に応じて、疾患モデル動物を用いた再生医療研究や創薬研究にも参加していただきます。

応募方法:履歴書・業績リスト・照会可能な方のお名前と連絡先(e-mail)を添付書類としてsawamoto@med.nagoya-cu.ac.jpまでお送り下さい。
締切:10月14日。その後直ちに面接を行い、10月中に決定します。
応募資格:博士の学位を有する者(または取得見込み)
着任時期:2009年4月1日
その他:任期4年間まで。着任後の実績に応じて、1−2年後に教員(特任助教)としての採用も可能です。
問いあわせ:sawamoto@med.nagoya-cu.ac.jpまでメールでお願いします。
————————————

【博士課程・修士課程の大学院生としても研究に参加できます。】
学位論文のテーマとしては、例えば以下のような課題があります。
・げっ歯類・霊長類の成体脳の脳室下帯におけるニューロン新生・移動メカニズムの解明
・脳室上衣細胞の成熟と繊毛運動による液流発生
・ゼブラフィッシュの遺伝学的手法を用いたニューロン新生メカニズムの解明
・虚血性疾患モデルにおける神経再生メカニズムの解明と治療法の開発
問いあわせ:sawamoto@med.nagoya-cu.ac.jpまで。研究室見学も可能です。

平成21年度 修士・博士課程大学院生募集中(実験スタッフは募集終了しました)

平成21年度 再生医学分野 大学院修士・博士課程 大学院生募集

神経発生再生のメカニズムに関する分子細胞生物学的研究と、これらを脳疾患の再生医療に発展させるためのトランスレーショナルリサーチを行っています。
教室は、医学・理学・理工学・薬学・農学部出身者を含む多様なメンバー構成になっています。
研究内容に興味のある方・出願を希望される方はお気軽にご連絡ください。
(澤本和延 sawamoto@med.nagoya-cu.ac.jp)

研究内容
・げっ歯類・霊長類の成体脳の脳室下帯におけるニューロン新生・移動メカニズムの解明
・脳室上衣細胞の成熟と繊毛運動による液流発生
・ゼブラフィッシュの遺伝学的手法を用いたニューロン新生メカニズムの解明
・虚血性疾患モデルにおける神経再生メカニズムの解明と治療法の開発

参考文献
「成体脳室下帯で誕生し移動するニューロン」 蛋白質 核酸 酵素 vol.53, pp.863-869 (2008)
「成体脳のニューロン新生とその異常」 BRAIN & NERVE vol.60, pp.319-328 (2008)

“平成21年度 修士・博士課程大学院生募集中(実験スタッフは募集終了しました)” の続きを読む

小島拓郎院生が受賞

2007年11月30日に福岡市で開催された第15回日本血管医学生物学会学術大会において、大学院生の小島拓郎君が以下の内容で発表を行い、学会ポスター賞を受賞しました。

「神経再生過程の新生ニューロンの移動における血管の役割」
小島拓郎・廣田ゆき・山下徹・二宮充喜子・岡野栄之・澤本和延

kojima award s

生後脳の新生ニューロンの移動に関する新しい論文が掲載されました。

The Journal of Neuroscience, November 21, 2007, 27(47):12829-12838

Cyclin-Dependent Kinase 5 Is Required for Control of Neuroblast Migration in the Postnatal Subventricular Zone

Yuki Hirota, Toshio Ohshima, Naoko Kaneko, Makiko Ikeda, Takuji Iwasato, Ashok B. Kulkarni, Katsuhiko Mikoshiba, Hideyuki Okano, and Kazunobu Sawamoto

At the lateral wall of the lateral ventricles in the adult rodent brain, neuroblasts form an extensive network of elongated cell aggregates called chains in the subventricular zone and migrate toward the olfactory bulb. The molecular mechanisms regulating this migration of neuroblasts are essentially unknown. Here, we report a novel role for cyclin-dependent kinase 5 (Cdk5), a neuronal protein kinase, in this process. Using in vitro and in vivo conditional knock-out experiments, we found that Cdk5 deletion impaired the chain formation, speed, directionality, and leading process extension of the neuroblasts in a cell-autonomous manner. These findings suggest that Cdk5 plays an important role in neuroblast migration in the postnatal subventricular zone.

Key words: Cdk5; neuroblast; migration; subventricular zone; rostral migratory stream; postnatal neurogenesis

成体神経前駆細胞の増殖シグナルに関する新しい論文を発表

Stem Cells. 2007 Aug 2; PMID: 17673525

β-catenin signaling promotes proliferation of progenitor cells in the adult mouse subventricular zone

Kazuhide Adachi, Zaman Mirzadeh, Masanori Sakaguchi, Toru Yamashita, Tania Nikolcheva, Yukiko Gotoh, Gary Peltz, Leyi Gong, Takeshi Kawase, Arturo Alvarez-Buylla, Hideyuki Okano, Kazunobu Sawamoto

Abstract

The subventricular zone (SVZ) is the largest germinal zone in the mature rodent brain, and it continuously produces young neurons that migrate to the olfactory bulb. Neural stem cells in this region generate migratory neuroblasts via highly proliferative transit-amplifying cells. The Wnt/β-catenin signaling pathway partially regulates the proliferation and neuronal differentiation of neural progenitor cells in the embryonic brain. Here, we studied the role of beta-catenin signaling in the adult mouse SVZ. β-catenin-dependent expression of a destabilized form of green fluorescent protein was detected in progenitor cells in the adult SVZ of Axin2-d2EGFP reporter mice. Retrovirus-mediated expression of a stabilized β-catenin promoted the proliferation of Mash1+ cells and inhibited their differentiation into neuroblasts. Conversely, the expression of Dkk1, an inhibitor of Wnt signaling, reduced the proliferation of Mash1+ cells. In addition, an inhibitor of GSK3 promoted the proliferation of Mash1+ cells, and increased the number of new neurons in the olfactory bulb 14 days later. These results suggest that β-catenin signaling plays a role in the proliferation of progenitor cells in the SVZ of the adult mouse brain.

Key Words. β-catenin, neurogenesis, cell proliferation, subventricular zone, olfactory bulb, Mash1

名古屋市立大学へ移転します

私たちのグループは、5月1日より名古屋市立大学へ移転します。このサイトでは、新たに開設される「再生医学分野」のホームページとして、引き続き我々の活動の内容などを公開する予定です。しばらくお待ち下さい。

公開研究報告会が開催されます

2007年2月24日午後1時より、本講座の公開研究報告会が慶應義塾大学信濃町キャンパスで行われる予定です。「第6回成体脳のニューロン新生懇談会」と合わせて開催されます。

1.スライド発表講演(1人15分)に加えて、ポスター発表のスペースを準備致します。
2.終了後、信濃町のお店で交流会を行います。

成体脳ニューロン新生懇談会会員以外の方にも自由にご参加いただけますが、会場等の都合上、参加を希望される方は、以下のアンケートにご回答頂き、メールにて澤本に(sawamoto@sc.itc.keio.ac.jp)ご連絡下さい。
++++++++++
お名前:

御所属:

懇談会に: ご出席 ご欠席

交流会に: ご出席 ご欠席

発表を: する しない
++++++++++
発表される場合には、下記の内容を記載したファイルを添付書類としてお送り下さい。
1)発表のタイトル
2)発表者氏名
3)発表者所属
4)要旨(500字程度)
5)発表形式希望(スライド または ポスター)

締切は2007年1月末日とさせていただきます。尚、スライド希望の方が多数いらっしゃる場合には、ポスターに変更をお願いする場合がございますので、予めご了承下さい。